クラウドファンディング

クラウドファンディング

 クラウドファンディングは、群衆という意味のクラウド(crowd)と資金調達という意味のファンディング(funding)を組み合わせた造語です。簡単に言うと、インターネットを通じて資金を調達する仕組みで、融資型、投資型、寄付型、購入型があります。このうち融資型のクラウドファンディングをソーシャルレンディング(又はPSPファイナンス)と言います。まずは4つの種類について見ておきましょう。

  • 融資型
  • 資金を貸したい人と資金を借りたい人を結び付けるタイプです。従来なら銀行などの金融機関が担う役割ですが、収益の見込みが予測できない新規事業に対する借入れは簡単ではありません。金融機関等が対応できない個々の資金需要まで対応できる仕組みと言えます。

  • 投資型
  • 株式やファンド形式で資金を集めるタイプで、少額の非上場株式の購入が可能です。投資型は元本の償還義務がありません。

  • 寄付型
  • 資金を必要とする人がプロジェクトをアピールし、資金を提供する人は魅力のあるプロジェクトに協力するタイプです。資金提供者に還元はされませんが、プロジェクトに関する物品を提供されることもあります。

  • 購入型
  • 資金を必要とする人が商品やサービスを販売し、その集めた資金でプロジェクトを実行するタイプです。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングの良さについて考えてみましょう。タイプにより違いはありますが、一つは資金が必要な人に資金が渡ること、余剰資金を運用したい人が資金の移転先を見つけられることが挙げられます。インターネットが浸透したからこそできる仕組みで、本来なら知り合いに頼んで資金調達しなければなりませんが、クラウドファンディングを利用することで不特定多数の人から、国内に限らず世界中から資金を集めることができます。

斬新なアイデアはあるのに金融機関からは相手にされず、資金不足で事業を断念することはよくあると想像できます。新しいプロジェクトに共感を得れば資金が集まり、アイデアが具現化します。

利回りの良さから始める方もいらっしゃるでしょう。借り手の信用力が少し落ちることや事業リスクがあるため利回りをよくして資金を調達しています。短期間の投資であれば、リスクにさらされる期間が短くなるため、リスク軽減につながります。

小口で投資できることもメリットです。プロジェクトに対する考え方、捉え方、感じ方は人それぞれですし、投資したい金額はまちまちです。自分が主体性をもって、投資額を決めることができますので、資金コントロールが可能です。自分の価値観でいえば、リターンは見込めなくても投資しがいがあると判断し、寄付型のクラウドファンディングを利用するのもいいでしょう。

クラウドファンディングのデメリット

デメリットとして、これから始めようとする人が誰でも抱くと思いますが、信用リスクがあります。資金を貸したはいいがうまくいかず、投資資金が回収できない可能性があります。優良な借り手かどうかは、プラットフォームによる正確な分析や情報提供に依存する面もあります。融資型(ソーシャルレンディング)であれば、貸し倒れリスクがありますし、投資型ですと、業績不振による経営破たんが考えられます。

またプラットフォームである運営者の鑑識眼に左右されますので、運営会社の実績も重要な投資判断材料となります。リスクのある運用ですので、うまく行っていない投資先・融資先があるのは当たり前です。逆にすべての案件がうまくいっているように見せている運営会社も危ないと言えるかもしれません。

[catlist id=7 numberposts=10 date=yes]