1-3.統計学の用語

統計学の用語

観測値(abserved value)

調査によって得られた数値・変数

統計量(statistic)

度数、平均、標準偏差などデータから計算して得られた量

偏相関係数(partial correlation coefficient)

相関係数で2変数の関連が強いとしても、第3の変数による影響による場合がある。第3の変数である\(z\)の影響を取り除く以下の式で計算し、結果が負の相関であれば見かけ以上の相関だったことになる。

偏相関係数

$$r_{xy\cdot z} = \frac{r_{xy} – r_{xz}r_{yz}}{\sqrt{1 – r_{xz}^2}・\sqrt{1 – r_{yz}^2}}$$

1-2.高校数学で学ぶ公式

高校数学で学ぶ公式

高校で、「場合の数」「データの分析」「確率分布と統計的な推測」を学習します。そこで学ぶ、統計学では基礎となる知識を記載しています。

平均の公式

$$E[aX]=aE[X]$$
$$E[X+b]=E[X]+b$$
$$E[X+Y]=E[X]+E[Y]$$
※和の平均は平均の和

分散の公式

$$V[aX]=a^2V[X]$$
$$V[X+b]=V[X]$$
$$V[aX+b]=a^2V[X]$$
$$V[X]=E[X^2]-{E[X]}^2$$
※二乗の平均から平均の二乗を引く

離散的確率

確率の性質

確率の加法定理

\begin{align*}
P(A∪B)=P(A)+P(B) – P(A∩B)\\
\end{align*}
また、事象A,Bが互いに排反であれば、A∩B = ф, n(A∩B)= 0 であるため、
\begin{align*}
P(A∪B)=P(A)+P(B)\\
\end{align*}
が成り立つ

反復試行の確率

\begin{align*}
p_k = {}_n C_r p^k (1 – p)^{n-k}\\
\end{align*}

1-1.公的統計のきほん

公的統計の概要

公的統計の制度概要や目的、種類など、統計データに関する基本的な事項をまとめています。詳細は、総務省の統計制度をご覧ください。

 統計制度(総務省)

一般統計調査と基幹統計調査

基幹統計調査以外の調査を基幹統計調査といい、平成28年10月31日現在、基幹統計調査は53あります。

国民経済計算、産業連関表、生命表、社会保障費用統計、鉱工業指数及び人口推計は、加工統計に分類されます。

[基幹統計調査の種類] 国民経済計算(内閣府1)、国勢統計、住宅・土地統計、労働力統計、小売物価統計、家計統計、個人企業経済統計、科学技術研究統計、地方公務員給与実態統計、就業構造基本統計、全国消費実態統計、社会生活基本統計、経済構造統計、産業連関表、人口推計(総務省14)、法人企業統計(財務省1)、民間給与実態統計(国税庁1)、学校基本統計、学校保健統計、学校教員統計、社会教育統計(文科省4)、人口動態統計、毎月勤労統計、薬事工業生産動態統計、医療施設統計、患者統計、賃金構造基本統計、国民生活基礎統計、生命表、社会保障費用統計(厚労省9)、農林業構造統計、牛乳乳製品統計、作物統計、海面漁業生産統計、漁業構造統計、木材統計、農業経営統計(農水省7)、工業統計、経済産業省生産動態統計、商業統計、ガス事業生産動態統計、石油製品需給動態統計、商業動態統計、特定サービス産業実態統計、経済産業省特定業種石油等消費統計、経済産業省企業活動基本統計、鉱工業指数(経産省10)、港湾統計、造船造機統計、建築着工統計、鉄道車両等生産動態統計、建設工事統計、船員労働統計、自動車輸送統計、航船舶輸送統計、法人土地・建物基本統計(国交省9)

統計の作成方法

  • 調査統計:統計調査により作成される統計
  • 業務統計:届出記録や登録資料などの業務データを集計することにより作成される統計
  • 加工統計:他の統計を加工することにより作成される統計

分野別統計一覧

GDP統計 ・GDP
景気統計 ・景気動向指数
・景気ウォッチャー
・日銀短観
・鉱工業生産指数
家計経済統計 ・家計調査
・毎月勤労統計調査
・消費動向調査
・住宅着工統計
物価・雇用統計 ・消費者物価指数
・国内企業物価指数
・就業構造基本調査
金融市場
・金融政策統計
・資金循環統計
企業経済統計 ・法人企業統計
・経済センサス
貿易統計

主な統計一覧 公表順

毎月公表

景気動向指数、労働力調査、家計調査、消費者物価指数、小売物価統計調査、人口推計、住民基本台帳人口移動報告、サービス産業動向調査、個人企業経済調査、住宅着工統計、建築物着工統計、景気ウォッチャー

毎年公表

1月
2月 GDP(10-12月期1次速報)
3月 民間住宅ローンの実態に関する調査 GDP(10-12月期2次速報)
4月 日銀短観
5月 住宅市場動向調査 GDP(1-3月期1次速報)
6月 GDP(1-3月期2次速報)
7月 日銀短観
8月 GDP(4-6月期1次速報)
9月 GDP(4-6月期2次速報)
10月 日銀短観
11月 GDP(7-9月期1次速報)
12月 子供の学習費調査(偶数年) 日銀短観 GDP(7-9月期2次速報)

動画で学ぶ

総務省統計局

第4章 データの見方-第1回:統計表の見方

第4章 データの見方-第2回:グラフの見方と使い方