ランダム・ウォーク理論

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

新品価格
¥2,700から
(2019/9/27 00:46時点)

ランダムウォーク理論(1973)とは

ランダムウォーク理論は、効率的市場仮設に基づいた考え方である。過去のデータから将来の値動きを予測することは不可能であり、新しい個別銘柄に関する情報は直ちに株価に影響しているというものだ。

参考サイト

ウォール街の最新理論を活用!分散投資「最強のポートフォリオ」

複利運用の効果

複利運用の効果

複利運用であれば、受け取った利息を再投資することで、元金以上の運用利益を得ることができる。単利と複利を選べるのではなく、商品によってあらかじめ決められている。

複利運用の効果を確認する

毎月1万円を積み立て、1%の複利運用で20年間積み立てた場合、税抜きで約25.6万円の利息を得られる。積立総額は240万円である。単利運用の場合の利息額は約19.2万円なので6万円ほどの差が出る。単利か複利かの違いだけなので、できれば複利運用のできる商品で積み立てたい。

つみたてNISAやiDeCo

つみたてNISAは一定範囲の利益額を非課税にできる制度で、20年間、非課税枠を利用できる。一方、iDeCoは65歳までの間に得られた利益は非課税で再投資することができる。そのため、運用による目標額を計算する際に、複利運用の試算が参考になる。毎月1万円を積み立て、平均年3%で運用できれば、約88万円の利益となる。運用利率は投資実績によるため定まらないが、長期の分散投資でリスクをおさえつつ、リターンを目指すことになる。

貯蓄型保険と比較できる

外貨建て保険の場合、積立利率が高く、魅力がある。しかし、保険料がそのまま積み立てられるわけではなく、積立利率も費用率などが引かれてしまう。つまり積立金と運用利率が分からない状態となってしまうが、保険設計を依頼した際には、最終的な受取額をシミュレーションしてもらえる。このシミュレーション結果と複利運用で積み立てた場合の結果を比較すれば、その保険商品に対する見方が変わるかもしれない。