住宅ローン

判断材料

借り換えでも団信が必要か

ローン残高が減れば死亡によるリスクは減少する 死亡による金銭的リスクを必要補償額として保険でカバーしますが、住宅ローンの残高が減れば、返済に限って言えば、借入当初よりリスクは小さくなっています。借入当初は、30歳前後で将来の見通しを立てにく...
知識(情報)

借り換えに必要な費用

借り換えに必要な費用 借り換えは新しい金融機関に借り入れるため、新規の時と同様の諸費用がかかります。借り換えで必要な諸費用は次のとおりです。 ・事務手数料 ・保証料 ・印紙代 ・抵当権設定費用(登録免許税) ・抵当権抹消費用 ・司法書士報...
知識(情報)

借り換えによる一般的な効果

借り換えによる一般的な効果 借り換えをする目的はいくつかあります。借り換えをした場合の効果を紹介していきます。 利息総額を減らす 住宅ローンを利用すると、借入金額、返済期間、金利によって利息が決まります。このうち、より金利の低い金融機関に借...
知識(情報)

住宅ローンの定額型と定率型の違いと特徴

住宅ローンの諸費用、定額型と定率型 住宅ローンの諸費用では事務手数料や保証料が利息の次に費用負担が重く、できる限り安く抑えておきたいですが、この事務手数料や保証料の支払い方法に定額型と定率型の2種類があります。金融機関によって異なりますの...
知識(情報)

住宅ローン[借り換え]借入先の選択肢

住宅ローン借入先の選択肢 借入先の候補は、人によって異なります。都市銀行やネット銀行等であれば多くの人が借入先の候補になりますが、地方銀行や信用金庫、農協や労金など地域がある程度限定されている金融機関があります。まずはこれら借り換え先の候補...
判断材料

こだわるべき!ライフプランの「質」

ライフプランとは ライフプランとは、キャッシュフロー表やバランスシートを通した人生設計のことで、主にキャッシュフロー表のことを指すことが多いようです。 キャッシュフロー表は、毎年の収支を表にまとめ、目標や夢を達成できるか、教育費や居住費、退...
更新情報

【更新情報】シミュレーションで毎月返済額を確認

各金融機関のシミュレーションを利用する 各金融機関のサイトを訪問すると、住宅ローンのシミュレーションをすることができます。シミュレーションは初期の判断材料として欠かせないものですので、必ず行いましょう。また条件が少しでも変われば結果は異なり...
判断材料

住宅ローンの諸費用を含めた比較方法

比較の材料となる住宅ローンの諸費用 住宅ローンを利用するためには様々な費用がかかりますが、どの金融機関でも同じ登記費用や報酬の自由化で差があるとは言え与えるインパクトは小さい司法書士報酬などがあります。司法書士報酬は、同じ金融機関でも支店に...
更新情報

【更新情報】変動金利の金利推移

変動金利の金利推移 金利推移は過去のデータですので、判断材料になるかどうかは微妙です。将来の金利推移を表しているわけではありませんが、現在の金利が低金利なのか高金利なのか、金利上昇傾向なのか、下落傾向なのかある程度の現況を把握することはでき...
更新情報

【更新情報】固定金利の金利推移

金利推移 金利推移は過去のデータですので、判断材料になるかどうかは微妙です。将来の金利推移を表しているわけではありませんが、現在の金利が低金利なのか高金利なのか、金利上昇傾向なのか、下落傾向なのかある程度の現況を把握することはできます。 ...
タイトルとURLをコピーしました