年齢階級別の医療費と入院日数

年齢階級別の医療費と入院日数

保険会社のパンフレットに記載されているデータだけではなく、様々なデータをもとに医療費と医療保険について考えていきます。厚生労働省では「医療給付実態調査」を行っており、傷病別に入院日数や医療費を算出することができます。

平均入院日数

調査結果には、件数、日数の総数が記載されていますので、「日数/件数」で平均入院日数を算出しました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

グラフが重なっていて分かりにくいですが、ここで知りたいのは年齢階級によって平均入院日数が変化するかどうかですので、変化がほとんどない傷病を除いてグラフにしました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

総合失調症や脳血管疾患は明らかに高齢者ほど平均入院日数は長くなっており、他の傷病と比較しても平均入院日数は長めです。また悪性新生物は若年層の方が平均入院日数は長くなっており、40歳以上で12日程度に落ち着いています。悪性新生物を除いて、全体的に高齢者ほど平均入院日数は長くなると考えてもいいでしょう。

最後にもとになった数値を紹介しておきます。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

医療費

次に医療費です。調査結果には、件数と点数(1点10円)が記載されています。また今回は3割負担のみをグラフ化していますので、「点数×10/件数×0.3」で平均医療費を算出しました。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

若年者の悪性新生物の場合、医療費は目立って高くなっています。またおおむね、どの年齢階級でも、悪性新生物、脳血管疾患、虚血性心疾患のいわゆる三大疾病の医療費が高くなっています。

最後にもとになった数値を紹介しておきます。

※出典:厚生労働省「医療給付実態調査」
※クリックすると拡大します。

実際にかかる医療費

これまで紹介してきた医療費は3割負担部分のみで、実際には高額療養費制度を利用することで負担は下がります。ただこれらの金額は1件に対する金額ですので、再入院した場合には医療費がかさむことになります。

がんに関する統計を眺める

がんデータからガン保険の必要性を考える

がんは昔に比べれば、早期発見で治る病気を言われつつあります。ここでは保険のパンフレットには記載されないであろう、がんに関するデータを紹介していきたいと思います。

国立がん研究センターのデータ

がんに関する知識を知りたい場合や病院を検索したい場合など、がんに関する情報は国立がん研究センターのサイトから収集できます。

[blogcard url=”https://ganjoho.jp/public/index.html”]

がんに関するデータ[男性]

がん保険は、性別によって保険料が異なりますので、まずは男性のデータから見ていきましょう。

がんによる死亡率[全国年齢階級別死亡率(対人口10万人)]

このグラフでは、若い年齢の死亡率が見にくいため、次の二つのグラフも参考にしてください。


なお、年齢階層別の死亡者数は次のグラフをご覧ください。

出典:「国立がん研究センター

高齢になるほどがんによる死亡者数が増える

ここまで見ていただいたグラフから、がんによる死亡率は徐々に増え、高齢者になると一気に上昇していることが分かります。このことは想像通りではないでしょうか。次に女性のグラフも見ておきましょう。

がんに関するデータ[女性]

男性と同じく、国立がん研究センターの統計データから作成しております。

がんによる死亡率[全国年齢階級別死亡率(対人口10万人)]

同じように、若い年齢の死亡率に注目したグラフです。


最後に、死亡者数です。

がんに関するデータ[男女]

次に、男女のグラフを組み合わせてみます。組み合わせると、女性向けのがん保険のパンフに利用できるグラフになります。

さらに幼少期と高年齢期を削除したグラフです。20代~60代の女性に、「男性より死亡率が高いのです」と勧誘することができます。ただ男性より死亡率が低くても、心配な人は心配でしょうから、この比較は意味がないかもしれません。

がん保険は必要か

データだけ見れば、若いうちにがんで死亡する可能性は、高齢者に比べて低いことが分かりますが、これだけでがん保険の必要性を考えることはできません。気になるのは亡くなるまでの状況でしょう。できれば次のデータも欲しいところです。

・がんにかかった齢別の医療費
・がんと診断されてから完治するまでの日数

がんで亡くなる可能性は低くても、がんになった場合の治療費が高ければ心配ですし、完治するまでの日数が長ければ治療費がかさみますので気になります。(つづく)

保険[がん保険]の選び方

「がん保険」の選び方

日本人の死因第1位はがんです。これは寿命が伸びたことにより、高齢者のがん患者が増えたことによりますが、著名人のがん告白を拝見することが多くなり、心配している人も多いかと思います。がんは生活習慣病の一つですので、栄養のある食事と適度な運動、定期健診などでがんを患ったとしても治る病気として認知されつつあります。がん治療に対する医療技術の進歩はめざましく、いずれはほぼ治る病気となるのではないでしょうか。

がん保険は各保険会社が販売しており、数十年前のがん保険では十分な効果が得られなくなっています。このように言われてから随分月日が経っていますので、見直しした人も多いでしょう。おそらく、最近契約した人も数十年後は保障内容の異なる保険に見直したり、そもそもがん保険が要らなくなったりしているかもしれません。

がん保険の種類

がん保険は生命保険会社が販売する日額型と損害保険会社が販売する実費補償型がありますが、商品数の多さからも日額型が中心となっています。ただ日額型は入院日数をベースにするため、入院日数が短期化している現在、期待通りの保障を受けられない可能性もあります。そこで入院による保障ではなく、がんと診断された給付されるがん診断給付金を主契約とするがん保険が誕生し、一部の生命保険会社で販売されています。

「がん保険」一覧

  1. 東京海上日動あんしん生命
    ・がん治療支援保険NEO
    ・ガン診断保険R
  2. アフラック
    ・生きるためのがん保険Days!
    ・生きるためのがん保険 寄りそうDays
    ・生きるためのがん保険Dyas!プラス
  3. メディケア生命
    ・メディフィットEX
  4. ライフネット生命
    ・がん保険「ダブルエール」
  5. チューリッヒ生命
    ・終身ガン治療保険プレミアムDX
    ・3大疾病保険プレミアムDX
  6. SBI損保
    ・SBI損保のがん保険
  7. アクサダイレクト生命
    ・アクサダイレクトのがん定期
    ・アクサダイレクトのがん終身
  8. FWD富士生命
    ・新がんベスト・ゴールドα
  9. オリックス生命
    ・がん保険Believe
  10. メットライフ生命
    ・ガン保険GuardX
  11. 三井住友海上あいおい生命
    ・ガン保険スマート
  12. 楽天生命
    ・スーパーがん保険
    ・あんしんプラス
  13. マニュライフ生命
    ・こだわりガン保険
  14. アクサ生命
    ・マイセラピー
  15. セコム損保
    ・メディコム